1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [US] 2019/01/26(土) 00:28:31.26 ID:yp9PwPVI0 BE:422186189-PLT(12015)
sssp://img.5ch.net/ico/folder1_03.gif
2017年3月に鳴り物入りで発売された任天堂の新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の売り上げに、早くも暗雲が立ちこめています。
詳細は以下から。

台湾メディア「DIGITIMES」の報道によると、ニンテンドースイッチの出荷台数が2019年に25~30%減少すると部品メーカー関係者が明かしたそうです。

任天堂は昨年スイッチを2400万台製造する予定でしたが、売れ行き鈍化を受けて2018年後半から部品発注を引き下げており、実際に出荷されたのは2000万台に満たなかったとのこと。

同社は今年「廉価版ニンテンドースイッチ」の発売を計画していますが、需要の低迷は続き、出荷台数は1400~1500万台にとどまる見込み。
成長を維持するため、主にソフトウェア開発に焦点を合わせるとされています。

https://buzzap.jp/news/20190125-nintendo-switch-shipments-shrink/

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [CH] 2019/01/25(金) 11:28:20.47 ID:0kYDGWlw0 BE:306759112-BRZ(11000)
sssp://img.5ch.net/ico/kita1.gif
 オンワードに続き、ミキハウスも「ZOZOTOWN」から撤退――。このニュースをどこよりも先に報じたのは、週刊新潮1月17日発売号である。
本誌は1月14日に同社の木村皓一社長を大阪の自宅で取材し、離脱を認めるコメントを記事に掲載した。
誌面に入りきらなかった木村社長による40分間の“激白”をご紹介しよう。(「※」は編集部注)

 ***

 正直、ウチのZOZOの売り上げは、全体の100分の1程度だから、撤退してもあんまり影響ないんや。

 そもそも僕のところの商品は、おじいちゃんとかおばあちゃんが孫にプレゼントとして買っていく人が多いから、
百貨店とは相性いいけども、ZOZOとはあってないんやな。せやから売り上げもたいしてないわけや。

〈大手ブランドが次々に「ZOZO撤退」を行う背景には、昨年12月25日から始まったサービス「ZOZOARIGATO」の影響がある。
これは、利用者が会費を払うことで、ZOZOでの買い物が常に10%引きになるというもの。
割引分はZOZOが負担する形をとるが、「言ってみれば恒常的な値引きサービスのことで、ブランド価値を毀損する危険性が高い」と、
上記の本誌記事でオンワードHDの担当者は語っている〉

 ネットで「ZOZOARIGATO」ってセールを偶然見つけて、これは違うんちゃうかなって。
見つけた瞬間すぐに(※ZOZOの)サイトから消したわ。
新会員獲得のためにZOZOさんが割引分を持つって言うけども、全部の商品が3割引きやで(※サービス入会初月は30%、以降は10%)。
もちろん百貨店で売っている商品が全部定価って言うたらそれはちゃうんやけど、
ブランドイメージを傷つけへんために、外商の人がうまいことやってるわけや。

 そういう意味で、あのZOZOのセールは百貨店の顔がたたへんわな。
まぁ、ZOZOでの売り上げなんて0・5パーセントくらいやから、別にどうでもええんやけど、今のところは少し休憩しようかなって。




ZOZOから撤退! 「ミキハウス」社長が週刊新潮に語った“さすがにアカンわ”
https://www.dailyshincho.jp/article/2019/01240631/?all=1

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2019/01/24(木) 12:56:33.06 ID:Ywi/+yt20● BE:887141976-PLT(16001)
sssp://img.5ch.net/ico/1fu.gif
1億円、10億円の宝くじが当選した場合に必要なことは? そう海外の宝くじでは高額当選者は大きな小切手と
一緒にニッコリとスマイルで記念撮影するのが恒例。当選者の名前も即公表されるのだ。

しかし、アメリカ、アイオワ州に住んでいるタイラー・ヒープはわずか1ドルの当選にもかかわらず大々的に記念撮影をする羽目に。

ヒープは1月4日にスクラッチクジを購入し、削ってみたところ1ドルが当選していた。本来ならこれを換金しておわりだが、
彼は記念撮影の時に使う大きな小切手を持ちたいと思った。

宝くじを持ってヒープは宝くじの事務所を訪ねて、大きな小切手を持つことはできるか?と尋ねたところ担当者も
面白いかもしれないと、そのジョークに付き合ったという。

その後、彼は1ドルの大きな小切手を抱えて居る記念写真をFacebookに投稿し「誰もが試みなかったこと!」と投稿。

写真は瞬く間に拡散し、海外のニュースがこぞって取り上げ、それに対してヒープは「(事務所が)私を
数百万ドル当選者のようにしてくれると決定した。担当者が私をカメラが置いてある奥の部屋につれて行き
記念小切手を持って撮影した」と語った。

http://gogotsu.com/archives/47499
http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2019/01/01-38.jpg
http://gogotsu.com/wp-content/uploads/2019/01/02-13.jpg

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ