社会

1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [CN] 2019/01/16(水) 10:48:56.46 ID:rqJ9stZj0 BE:844481327-PLT(12345)
sssp://img.5ch.net/ico/monatya.gif
ブラジルのトランプと呼ばれるボルソナロ大統領は犯罪が増え続ける中、治安を改善するためだとして銃規制を大幅に緩和する大統領令に署名しました。
国民の間からは銃の所持が広がることで逆に治安が悪化すると懸念する声も出ています。

ブラジルのボルソナロ大統領は15日、人口10万人当たりの殺人事件による死者の数が10人を超える都市に住む犯罪歴のない25歳以上の住民は、警察の審査なしに、ほぼ無条件で銃を購入できるとする銃規制を大幅に緩和する大統領令に署名しました。

ブラジルでは犯罪が増加していますが、ボルソナロ大統領は市民が銃を所有しやすくなれば、犯罪に巻き込まれても反撃でき、治安も改善できるなどと主張しています。

去年1年間の殺人事件による死者数が7万人以上にのぼるとされるブラジルでは、多くの都市が規制緩和の条件にあてはまり、地元メディアによりますと、25歳以上の80%がほぼ無条件に銃を購入できるようになるとしています。

治安の悪化によって護身用に銃の購入を希望する人はすでに増えていて、比較的銃の取得が容易だった、軍関係者の銃の申請件数は、過去5年で10倍に増加しています。

このため、今回の法改正で銃の所有が加速するとの見通しが出る一方で、国民の間からは、銃の所持が広がることで逆に治安が悪化すると懸念する声も出ています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190116/k10011779311000.html
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190116/K10011779311_1901161002_1901161004_01_03.jpg

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: ニライカナイφ ★ 2019/01/15(火) 14:02:25.16 ID:Cm42UB5I9
◆ 遅れてきた地方の半グレ 東京からのUターン組が跳梁跋扈か

ライターの森鷹久氏が、取り締まりが厳しくなり都会にいられなくなったUターン半グレに混乱させられている地方の苦悩についてレポートする。

(中略)

九州北部某市の居酒屋でこう捲したてるのは、地元A商店街の幹部を務める正木太郎さん(仮名・60代)と、同じくA商店街でスナックを経営する水田洋子さん(仮名・50代)だ。
2018年もいよいよ終わり、最後くらい穏やかに飲めばいいものの、彼らはいったい何に怒っているのか。

遡ることちょうど一年前。
水田さんの経営するスナックで、常連のXさんが二~三名の若者客に殴られるという“トラブル”が起きた。

連絡を受け、水田さんが駆け付けると、顔を腫らした、血だらけのXさんが横たわっていた。

「若い子たちは18~20歳くらいの金髪、いかにも“不良”って感じで店の中にまだいたんです。すぐに警察を呼ぼうってことになったけど、Xさんが勘弁してくれ、と」(水田さん)

実はこの常連客のXさん、元々は地元の暴力団に所属し、地元の祭りや商店街の催しなどを取り仕切るような立場にいた人物であった。
昔風にいうところの「田舎のヤクザモン」であり、今ほど暴力団に対する風当たりが厳しくなかった時代背景もあってか、Xさんの顔は広く、だれもが「〇〇組のXさん」と慕い、また畏れた。

そんなバックグラウンドを持つXさんだからこそ、数人の子供に袋叩きにされ警察沙汰になるとは、プライドが許さなかったのかもしれない。
この件は事件にはならず、知る人ぞ知る「酒場のトラブル」として忘れ去られるかに思われたが、間もなく、同様のトラブルが起きたのである。

「また同じ連中が別の居酒屋で客を殴ったんです。今度の被害者は、地元の土建屋の社長さんですね。コッチ(暴力団)ではなかですが、彼らとは付き合いもあるし、地元では有力者です。さすがに気が付きましたね。ああ、こいつら“そういう人”ばっかり狙いよるな、と」(正木さん)

正木さんの読みどおり、“そういう人”たちを繁華街から暴力で追い出して、指定暴力団なら法律や条令で禁止されていること、たとえば、みかじめ料の徴収などを始めた。
筆者が関係者に聞き取りを続けたところ、この若者たちは地元の“半グレグループ”であり、彼らをまとめるのは、地元出身で関西地方の広域指定暴力団に所属していたが、トラブルを起こしUターンしてきたという男(40代)であることが判明した。
男は元々不良少年でもなく、地元暴力団に所属していた経歴もない。

ただ、同級生など近しい人々によれば、あまりにも身勝手で、友人と呼べる人はいなかった。
地元に居場所がなかった男は、都会に出てヤクザになり凱旋したかと思えば、自身が"暴力団ではない"のをいいことに、10も20も年下の子供や若者をそそのかし、半グレ集団を組織し、やりたい放題にやっている、という実情なのだ。

「奴らは“自分は元××組の○○さんと知り合い”と吹きまくって、肩で風を切って街を歩いている。彼らは暴力団じゃないと、警察も手出しが出来んようです」(正木さん)

実は同じような事例は、すでに都市部では数年前から起きていた。それが年月を経て、地方でも同様の事態になっているのではないか。
神奈川県内に本部を置く、広域指定暴力団の元幹部・A氏(50代)が指摘する。

「暴力団が条例やらで規制されて、一時期は暴力団より半グレが強いのではないか、というような時期がありました。東日本大震災の頃です。東京や大阪でその頃に半グレメンバーになっている、もしくは半グレを経て暴力団になり、その後に地元に帰った連中が、いま全国各地で"暴力団の代わり"みたいなことをやっているようです。田舎のおまわりも、不良少年やヤクザなら対処方法もわかるでしょうが、相手が“半グレ”となるとね…。どうしようもできないのでしょう」(A氏)

筆者が聞き取りをしたところ、同じような事態は九州の中小都市のほかにも、山陰地方、東北地方日本海側、そして北海道道東でも発生している。
暴力団がいなくなった場所にボウフラのごとく沸きあがりやりたい放題、好き放題で地域住民に迷惑をかける。

※記事を一部引用しました。全文は下記のリンク先でご覧下さい。

NEWSポストセブン 2019年1月14日 16時0分
http://news.livedoor.com/article/detail/15870970/

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: ばーど ★ 2019/01/15(火) 20:02:43.19 ID:qAwA6mwk9
 1995年時点でほぼ全ての年齢層で日本より低かった韓国の未婚率が、2015年時点では30代前半までの男女ともに日本を上回ったことが、13日までに発表された韓国保健社会研究院による日韓比較研究の報告書で分かった。所得が低いなど経済的理由から交際相手がいない若者が増えていることが影響しているという。

 日本では雇用の不安定化が未婚率の上昇につながっているとの指摘があるが、若者が就職難にあえぐ韓国も未婚率の上昇に歯止めがかからない状況に陥っているようだ。

 報告書によると、韓国では30代前半の男性の未婚率が95年の約19%から20年間で約56%に増加、同世代の女性は約7%から約38%に増えた。日本の未婚率も上昇傾向が続き、30代後半以降の年齢層では、15年時点でも依然として韓国より高い状態だ。日韓で交際相手のいない人の割合が増えていることも指摘。(共同)

2019.1.13 15:28|
産経ニュース
https://www.sankei.com/world/news/190113/wor1901130006-n1.html

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 名無しさん@涙目です。(秋田県) [IN] 2019/01/15(火) 16:49:45.71 ID:w81tAgSE0 BE:194767121-PLT(12001)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
中国メディア・東方網は14日、「日本人の生活方式が昭和時代に戻りつつある」とする記事を掲載した。中国では「昭和」というと、どうしても軍国主義という印象が強くなるようだが、
記事が言及している昭和は戦後の1960年代のことを指している。

 記事は、昨年12月に日本のレンタカー大手ニッポンレンタカーが全店舗にて24時間営業を廃止する方針を発表したと紹介。その理由は「人びとの生活方式に変化があり、
深夜や早朝に自動車を借りる人が少なくなったから」、
「政府が進めるワークライフバランスを考えた働き方改革」にあるとし、同社では1960年代から24時間のレンタカーサービスを行っていたと説明した。

 そのうえで「もともと人手による24時間営業の経営方式は、日本ではすでに古い時代のサービスモデルになりつつある」とし、年中無休を掲げてきた牛丼チェーン店や
ファミリーレストランでも、夜間に店を占める店舗が増え始めていると指摘。
ファミリーレストランのロイヤルホストが昨年1月にすべての店舗で24時間営業を終了したほか、深夜のニーズも高い六本木や麻布など東京の繁華街でも
24時間営業を取りやめるスーパーが出ていると伝えた。

 さらに、24時間営業の代名詞と言えるコンビニエンスストアでは依然として多くの店舗が24時間営業を続けているが、一方で無人営業の店舗も少しずつ増えていると紹介。
深夜営業をする店が増える状況について、ある日本の
経済ジャーナリストが「今の日本全体の生活方式は昭和40年前後に戻りつつある」と語ったとしたうえで「間もなく日本では新しい元号を迎えることになるが、
国民の生活方式は昭和の時代に逆戻りしているようだ」と評している。
(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

http://news.searchina.net/id/1674629?page=1

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ